メインページ 手堅く稼ぐ FXと株 テクニカル分析 相場分析手法

日本の経済とFX

日本の経済はどうなるのでしょうか。多少上向き?つつあるというようなのですが。資産を増やそうにも金利は相変わらず安い。やはり頼みは自分自身でしょうか。今 私がおススメしたい資産運用方法がFX(外国為替証拠金取引)です。結構前から人気はあるのですが、まだまだいけます。何が魅力といいますと、先ず、株式投資と比較して銘柄選びの数が少なく簡単なのです。それから少ない資金で大きな取引を行うことができます。

例えば、証拠金10万円を元手に10倍(レバレッジ)の1万ドル(1ドル=100円の場合、100万円)で取引を行った場合、仮に1ドル=100円の時に1万ドルで取引を始め、ドル円の為替相場が110円に円安に動いた場合、持っている1万ドルを売却すると、110万円になります。差し引き110万円−100万円=10万円の儲けになります。おわかり頂けましたか?ただ リスクも当然伴いますので注意が必要です。


h87
バイナリーオプションに向いている「テクニカル分析」
 通貨を銘柄とすることの多いバイナリーオプションでは、外国為替市場の為替相場の値動きを予測していく必要があります。
相場の動きには大きく二つあり一つは「トレンド相場」もう一つは「レンジ相場」と呼ばれています。

これは、どちらも相場に対しての為替レートの値動きの状態を示しており、レンジ相場は、為替レートの値動が、一定の比較的狭い範囲内の収まってしまうものを言い、トレンドトレンド相場は、上もしくは下へ、細かな上下動を繰り返しながら、それぞれ一方向へとどんどんと価格を変えていくことを言います。なお、上昇する場合は上昇トレンド、下降する場合は下降トレンドと言ったりします。
トレンド相場は値動きがはっきりとしているために、バイナリーオプションでの取引きに有利とされています。

こうした相場の流れを分析するためには「テクニカル分析」というものを用います。
テクニカル分析には様々な物があるのですが、ここでは「ジグザグチャート」「一目均衡表」「ボリンジャ―バンド」の三つをバイナリーオプションに活用できるテクニカル分析として紹介します。

まず、ジグザグシャートですが、最大の利点は直感的な分かりやすさにあります。シンプルすぎてしまい、単体で使用するには少し弱いという欠点もありますが、図表で変動する為替レートに対して、斜めの斜線を引く形で文字通りジグザグにチャートの線が見えるので、この線が上がっていくときは上昇トレンド、下がっていくときは下降トレンドという事がすぐにわかり、初心者にも充分使いこなせます。

一目均衡表も直感的に分かりやすく視覚化されているものになります。非常に高性能なテクニカル指標の一つで図表に5本の線を引き、その線が囲うエリアとそこを通過していく為替レートとを見ながら読み解いていくものになります。
高性能すぎてしまい、用途の幅が広く使い勝手が難しいところもありますが、視覚的に予測を立てることが出来るために、多くの投資家から指示を受けています。

ボリンジャ―バンドは、元となる「移動平均線」と呼ばれるテクニカル指標から派生したものになります。移動平均線を中心に上下にそれぞれ2本、ないし3本の線を引き、その線のどこに為替レートが存在するかで、反転する確率を示すことのできるものになります。
視覚的にも見やすく、相場の売買気配を読み解くことができるため、為替レートの反発を判断するときなどに、有効的に使用することができます。

このように、バイナリーオプションではテクニカル分析を用いて相場を予測していくことが大変効果的です。
複数のテクニカル分析を組み合わせて判断を行えば、より予測の精度が上がると思いますので、覚えていって損はないでしょう。


(c) DaBinaryOption.com